01 August

<Natalis News>より  AI時代の我が子の教育  〜 実は、重要なのは . . .

 長年子どもたちと接していますと、継続的に、したがって長い間に大きく変化してきていることに気付きます。今回はそのうちの一つ、知識の減少について考えたいと思います。
 もちろん個人差が非常に大きく、厳密な調査もできませんから、あくまでかかわってきた者の思いとしてお読みいただきたいのですが、いわゆる「ゆとり教育」が見直しされて以降もずっと子どもたちの知識量は漸減傾向にあると感じています。英語のためにもいつも国語力にこだわっていますから、教室内外での子どもたちの言語活動を観察しているのですが、自ら発する言葉も質問に答えて自分の中から探して引き出す時も、語彙が少なく知識が浅く狭い印象を受けることが多くなっています。中学/高校受験の厳しさはそれほど変わっていないのに、同じように立派な成績をあげている子どもたちを比較しながら思い出してみても、10年前、20年前と比べて話の中などで自分で使える知識は明らかに減少しているように思われます。
 その理由として考えられることは多数あります。詰め込み教育への反省から学校教育が長年にわたり知識偏重から転換しようとしてきていること。テレビ・新聞などの主要メディアと接する量の低下と反比例するパッドやスマホなどの検索型情報端末の使用量の増加。知識や語彙を与えてくれる(親を含む)大人との対話の減少。読書の質・量の低下。等々。こういった現象の大本には、この世界や社会をどう見てどう語るか、といった思想や世界観にもつながる思索や議論の欠落という社会的・時代的背景があると思われますが、今はそこまで話を広げないでおきましょう。
 「知識なんて価値はない」と声高に言い放つ人も増えています。「ググる」という言葉が定着した現代にあっては、知識は皆の手のひらの中にあって瞬時にアクセスできるのだから、わざわざ苦労して覚え込んで何になる、というのです。そして、その根拠としてビッグデータとディープラーニングで驚異的に進化を続けるAIが今や家庭にも会社にも、世の中のあらゆる部分に入り込み始め、人間を超える知識=情報を操作する時代になっているのだと言われます。それで、人間が知識を覚える努力をしても太刀打ちできないのだから、もっと別の、人間にしかできないことのためにこそ労力を使うべきだ、と。
 たいへんもっともな話に聞こえますが、では、人間にしかできない、価値の高いこと、とはどんなことでしょう。いろいろと考えてみれば結局、創造性ということ行き着きます。命令されるのではなく自分から新しく何かを生み出すことは機械にはできないはずですし、創造こそが大きな前身や革新をもたらします。しかし、それはどうしたら可能になるのでしょうか。実は、一つだけ確実な前提条件があって、それこそ、知識の豊かさなのです。ひとつ一つの事柄を端末に頼って検索しているような状態で何か画期的な考えが生まれてくることはありません。発想とか思考の展開という現象は、脳内の神経細胞ネットワークの瞬時の連続的な発火によって起こることがわかっています。知識、つまりネットワーク自体の乏しい脳からは豊かな新しい発想は生まれようがないのです。
 AIと共存して生きていかなければならない世代だからこそ、子どもたちには豊かな知識をもってほしいと思います。それは断片の詰め込みではなく、体系化された自在に発信できる知識であるべきでしょう。そのためにまず家庭でできることを考えますと、やはり読書と対話が鍵になりそうです。

 体系化した知識を構築できる読書力=読解力や、その知識を自在に引き出して人に伝えることができる発信力を養う、幼児期からの家庭環境=親の働きかけや読書指導のあり方などを常に考えている英語スクールです。大切なことをもっと話し合いましょう。ご相談だけでもお待ちしています。


02:34:59 | natalis | |

01 July

<Natalis News>より 科学実験を、アート制作をネイティヴ講師と! = 今年もサマースクールと手作り個別夏期講習 =

  昨年たいへんご好評をいただきましたサマースクールを、今年も7月より実施いたします。
 普段のレッスンでは、一つの活動だけをじっくりと時間をかけて行うことは、なかなかできません。サマースクールでこだわりたいのは、遊びのように興味の持てる活動に主体的に参加し、ネイティヴ講師や英語だけの授業といった障壁を超えて夢中になって経験することです。ヴィゴツキーの発達心理学の言う「発達
の最近接領域」(その子がこれから伸びようとしている部分)が獲得されていくのもまさにそのような場においてこそだからです。昨年はいつもとは違う仲間との様々な実験や制作、創作活動を通して、生徒たちが思いがけない一面を見せてくれたりもして、通常のレッスンにもフィードバックできる指導上の発見も多々ありました。ご要望のありました日本人講師による英検準備講座も加えましたので今年もぜひ皆様お誘い合わせの上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。
   
 ※別項のサマースクールの記事をご参照ください。

 ※概略は以下の通りです。   
■期間 : 7月23日(月)〜8月24日(金)
   ※学院の夏休み期間を除く平日の午前〜午後3時頃までの時間
■参加 : 1回単位で選択可能 (会員割引、回数割引あり)
   ※この時点で入会されますと会員割引対象だけでなく、9月会費半額等のお得な特典もあります。
■申込 : 完全予約制で内容により定員5〜8名。最低2名から開講。
   ※第一締切りは7月10日(火)です。


自分のためだけの、個別の夏期講習も予約スタート

 上記とは別に、日程・回数・内容・講師まで完全に手作りの個別指導による夏期講習も年々ご利用が増えています。大学/高校/中学受験の対策や、英検等の準備、留学への英会話トレーニングや、私立一貫校の補修、苦手教科の集中学習など、英語・英会話だけでなく、算数・数学、国語や小論文、さらに理社まで、特別割引価格でご提供できますので、まずはお気軽にご相談ください。(日程は先着順にとなりますので予めご了承ください。)


00:01:00 | natalis | |

02 June

英語が拓く、お子様の将来! 無料体験でお試しを

 英語だけでなく、国語も数学も、無料体験レッスンでお気軽に試してみましょう。
講師や教室の雰囲気ももちろんですが、お子様の場合で、将来=中期・長期計画として、どうなっていくのか、という見通しもお確かめください。
0歳から大学生/社会人までひとつながりの発達に合わせたプログラムが特徴の、当学院の実例・実績に則してお話しさせていただきます。

 お問い合わせ、お申し込みは: 荻窪本校 03-3392-7733
18:54:00 | natalis | |

01 June

<Natalis News>より  メタ学習力と学び続ける力を   〜0歳からの子育ての考え方シリーズ〜

 6月に主要企業の採用面接が解禁となりましたが、実際には5月1日の時点で内定をもらっている学生の率は40%を超えるという報道があります。それだけ「売り手市場」ということなのでしょうが、ほんの数年前には考えられもしないことでした。
 景気は常に循環して山アリ谷アリとなり、我が子の時には、いったいどうなるのだろうと今から考えてみても誰にもわかりません。だからこそ、どんな時代状況にも対応できる土台づくりの基礎教育を家庭として考え実践すべきということで、前号の「自己防衛と安全保障」の話をさせていただきましたが、そこで挙げた3つの目標に加えてどうしてもお伝えしておきたかったことがあります。それは、「メタ学習力」と「学び続ける力」です。
 6月になりようやく新しい学年の勉強にも慣れてきたことでしょう。年少さん以上なら、学習内容の習熟だけでなく、それぞれの段階に合わせた「学び方」を身につけていくことも重要です。まず、毎日自分の仕事ととしてやるのが当たり前になるように習慣の力をつける。また、学び方も、例えば教科書を読んだり漢字や計算をするのにどのくらいの丁寧さ・持続時間・集中度と精度を持って行なうのかといった学習のやり方や、参考書・問題集などの選択、そして短期・中期の学習見通しなどの「メタ学習」の部分は、はじめは親が中心になって説明しながらわかるようにし、徐々に自分でできるように促していくことが必要です。
 中学受験を予定している方も、「4年生頃に塾に入れれば3年あればなんとかしてくれる」などと他人任せでは確実に失敗します。進学塾に行かせる前に、学習のやり方まで含めた自己管理がある程度までできるようにしておくことが成否の分かれ目になるとさえ言えるのです。
 中学1年生でもまだ中間/期末テストを目安とした中学校の勉強方法は未経験で、ノートの取り方からいわゆるテスト勉強の仕方までわかっていないことも多いはずです。もう一方的に言っても聞かない年齢ですから、本人が気付くように少しずつ話し合うようにできればよいのですが。学院では、個別指導の中学生たちには一度に言わず、状態を見ながら少しずつアドバイスするようにしています。
専門の技術を持った、信頼できる大人が、本人と並走しながら助言する、というかたちを徹底するために1対1の個別指導にこだわっていて、教科の学力だけでなく学び方や学ぶ力の伸びも注意して見守っていくことを方針としているのです。
 ぜひ、ご家庭でも今の我が子の学習の仕方をよく見てあげてください。そして、だんだんと自分で学ぶ姿勢に繋がっているか、それが生涯を通じ学び続けていける能力となり始めているのかを確認してください。
 お子様の年齢の「メタ学習力」の詳細につきましては、いつでも教室でお話しさせていただきます。

18:52:00 | natalis | |

01 May

<Natalis News>より 自己防衛と安全保障の教育方針を   〜0歳からの子育ての考え方シリーズ〜

 北朝鮮が軟化の姿勢を見せ、歴史的な米朝首脳会談が日程に上ってくる等、情勢は急展開し、新たな時代を迎えようとしているのでしょうか。それともまたこれまでの繰り返しとなるのか、今はまだ見守るしかないように思われますが、今回の仰々しいタイトルはそのような防衛や安保の議論をしようというのではありません。
 子育てにおいてもしっかり吟味された“我が家の方針”を持ち、子どもの状態に合わせて微修正はするにしても、長期にわたって筋の通った教育を心がけることが重要です。はじめにこの方針を立てる時には、ニ種類の方針が同時にあってもよいと思うのですが、それは、「夢」と「安全保障」です。
 夢については、言うまでもないでしょう。誰でも親も子も夢を持てること自体幸福なことで、どんな夢でも尊重される価値があるはずです。
 しかし、現実の世界を生きていく以上、この社会に備わった様々なハードルを乗り越えて成長することが求められ、常に顕在的あるいは潜在的なリスクの海の中を泳いでいかなければならないのです。そのことを考えたとき、親として何がしてやれるのか。それこそ、我が子が自分自身を守っていけるー自己防衛のー 力をつけておくことではないでしょうか。成人する頃には、親の世代からは想像もつかないような世界になっているかもしれません。どんな時代環境にあっても、また、この星のどこに行くことになっても、使命感を持って自力で人生に立ち向かい、長い道のりを強く生きぬいていける人になれるように、健康な体づくりとともに知性の基礎体力とも言うべき土台を養っておくことこそ、親だけがしてやれる我が子の「安全保障」なのです。
 では、限りある時間とかけられる労力も考えて絞り込めば、どんな目標を持つべきなのか。当学院では創立以来、どのご家庭でも必要になる最大公約数的な部分を以下の3点に集約して提唱しています。それは、12歳までという親の影響力が最も及ぶ時期のうちに、(1)文庫や新書レベルの大人の本が読め、自分の言葉で内容について語れる力、(2)大人を含む他者とのコミュニケーションの取り結びができる能力と姿勢、(3)高度な英語運用力に到達できる土台となる力、の3つを養成しておくことです。やはり、言葉こそ知性と社会性の根幹だと考えられるからです。
 厳しい環境にも負けず自ら志した道を自らの力で切り開いて進んでいける“独往自立”の人になるために、このような最低限の基本の力を保障する、という方針を持ち、それを日々の習慣の中にまで落とし込んで実践して絶対に実現すること。進路や学校選びの前に、ぜひ家庭の持ち分としてお考えいただきたいのです。では、我が子のための具体策は?いつでもご相談をお待ちしています。

21:39:00 | natalis | |