12 March

4月からのクラス時間割を発表! 無料体験レッスンで希望クラス予約&入会金半額

 4月からの新規クラスを発表しました!
ホームページの「最新クラス時間割」をクリックしてください。

 『進級進学キャンペーン』がスタート!

 荻窪本校では、4月からは2号館もフル活用して、幼児から中高生まで全レベルで多数の新規クラスを開講します。たとえば小学生の定員5名に対して1名様の申込からでもスタートできる枠をたくさんご用意しています。ですから、ご希望の曜日・時間が取りやすいのです。もちろん吉祥寺校でも新規枠を多めにご用意しています。
 3月の入会(3月後半からの半月入会=会費半額もあります)で会員登録されますと、優先的に4月からのクラスの曜日・時間がご予約いただけます。今なら入会金半額特典もつきますので、まずは無料体験レッスンでお気軽にお試しください。
 特に、他のスクール等で学習して来られた方も、枠がある間はレベルに合わせた新規クラスをご要望に応じて開講できる場合もありますので、お早めにご相談ください。
 また、中高生の方は、完全個別の学力診断+模擬授業のご予約を受付中です。

*注)どのクラスも、ご入会後の移動は可能です。4月後半〜5月に多くの方が移動されますので、まだ予定がはっきりされていない場合でも、ご安心ください。

 お問い合わせ、お申し込みは各校舎まで、お早めにどうぞ。
   荻窪本校 03-3392-7733  吉祥寺校 0422-20-2221

00:01:00 | natalis | |

01 March

<Natalis News>より 前を向き、先を考えることこそが、力を生むと信じて

 3月を迎え、またあの日あの時のことを思いながら、
同時に、季節は巡り新たな芽吹きの繰り返しも感じて、
ただ粛々と目の前のこの道を進んでいくことを思います。
子どもたちとともにあるということは、未来を創ること
だという自覚を忘れず、次の一歩を踏み出して参ります。

  荻窪本校のクラス数を増やします

 多数の新1年生(小学・中学ともに)を受けとめるために、昨年から2号館を準備してきました。4月からは本格的に稼働させて、できる限りご希望の曜日や時間帯で学んでいただけるように体制を整えていますので、ご期待ください。講師陣も、増えたり入れ替わったりしてさらに充実してきていますので、順次ご紹介させていただきます。
 これまで曜日・時間があわずに始められなかった皆様、例えば、英語経験がおありの小学中学年以上の方なども、このタイミングならご希望に応じた開講ができる枠もございますので、お気軽にお問い合わせください。

00:01:00 | natalis | |

03 February

《合格速報》 開成中学校 合格、おめでとう!

 国語個別指導コースのH君が、見事、第一志望の開成中学校に合格しました。1月後半になってインフルエンザにかかってしまい、高熱と疲労で厳しい状態に追い込まれたにもかかわらず、しっかり挽回して目標を達成。これまでのがんばりとその精神力を心から讃えたいと思います。
 彼とは、幼稚園のときに英会話クラスで始めて以来もう8年の付き合いになります。4年生になって受験塾に行ってみて国語が一番苦手だということで、個別指導をスタートしましたが、英会話の方も当分は続けて英検にも合格していました。
 国語は、やはり、大きな目標に向けて3年計画で着実に進められたことが、結果的に良かったと思います。読解と特に記述にこだわった対話式指導を徹底してきて、6年生の夏以降にぐんぐん伸び始め、12月、1月には模試で国語が最も“稼ぐ”教科になるときもあり、自信も持てるようになって堂々と本番に向かってくれました。本番直前の最後の授業でも、インフルエンザで苦しんだにもかかわらず、これまでと同じ平常心で臨めた頼もしい姿に、安心して送り出すことができました。
 どんなときも明るく前向きな性格をもって努力し続けたご本人と、支えて来られたご家族の皆様に心よりお慶び申し上げます。
 そして、これからは英語の再スタートです!
23:09:05 | natalis | |

01 February

<Natalis News>より 「おかえりなさい!」そして、またはじめよう 

  高校・大学入試はこれから最後の追い込みとなりますが、中学受験は2月のはじめの数日で終わります。毎年、成長の限界に挑戦するような過酷な戦いをここまで頑張りぬいてきた生徒、そしてご家族の皆様全員に、一足早い春の訪れを願わずにはいられません。そして、どんな結果もまだ途中経過でしかなく、努力と鍛錬によって乗り越えてきた壁の数や高さと、確実に大きくなってきた勉強力(=総合的な自力)こそが、一番の収穫なのだとお伝えしたいと思います。その意味では、頑張った皆は既に自分自身の中に大きな財産を手に入れているのです。
 今年は、まだ入学試験が始まる前から学院に戻ってくる日の予約や曜日等の問い合わせをいただく件数が増えています。先週まで国語の最後の仕上げをして、当日の「魔法の言葉」を教えて送り出した生徒だけでなく、最後の1ヶ月だけ休んだ人も、半年、1年前に入試に専念するために休みに入った人も含めて何人も戻ってきてくれることになっています。それだけ英語の重要性を理解されてのことですし、他ならぬこの学院を「戻って来る場所」と思っていただけることが何よりの喜びです。講師、スタッフ全員で、「お帰りなさい!」の声を、その少し背の高くなった姿にかけてあげられる日を楽しみに待っています。
 中学受験をしない人たちももちろん、既に動き始めています。徹底した少人数レッスンで太く強く養ってきた<英語話者の意図を瞬時に汲み取れるコミュニケーションの感覚>を、今度は中学校の授業やテストでも発揮できる力に変換する必要があります。スペリングも含めた「書ける」力もその一つです。なので、多くの6年生たちが中学生型の個別指導へ移行して学び始めています。
 5月の連休明けに、学校の授業がようやく本格的に(とは言え、"I am XX."くらいからですが)始まる頃には、「書ける」レベルでやり直しての中1内容が終了することを直近の目標にしています。次に、中2の内に中学内容の全文法を押さえて、全文精読と超速音読訓練による独自の読解教材に入ります。個人差はありますがレベル別に並べられた100本前後の長文問題をこなすうちに、高1、高2、英検2級相当の初見の英文が一読で正確に読み取れる域に達して高校受験(または内部進学)を迎えます。中学受験から戻ってきた人たちも、培ってきた勉強力でブランクを乗り越えてこの流れに合流できれば、トップレベルの進学校でも英語は上位を維持して進んでいける実績があります。
 これからでも遅くはありませんので、初めての方もぜひお問い合わせいただければと思います。5年生以前に一旦離れられた方も、当学院は「生涯会員制」であることを思い出してください。長い英語習得への道を皆で進んで行きましょう。

22:49:00 | natalis | |

01 January

<Natalis News>より  「準備」から「実践」の年へ  〜中教審の答申:小学英語正式教科化〜 

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 当学院では、荻窪本校は今年14年目を、吉祥寺校は、開校10週年を迎えます。そして、昨年荻窪本校に2号館を開校するなどより幅広くご要望に対応できるような体制固めに着手しています。高度な力をつける英語教育がますます強く、しかも喫緊の課題として求められていると考えられるからです。
 年末に出された中央教育審議会の学習指導要領改訂に向けた答申では、歴史教育の再編や主体的な学習方法「アクティブ・ラーニング」の導入等と並んで、小学校5、6年生での英語の正式教科化(これまでの外国語活動としての英語は3年生からに前倒し)や中学校での英語授業も高校と同様に原則英語で行うことなどが柱となっています。そして、その移行は小学校では2020年度の改訂より早く2018年度から実施できることになる見込みです。
 現在の、お遊びとも言われる小学校英語は、3、4年生に移して「導入」と位置付け、5年生からは教科書もテストもある「教科」となり、当然、「読み」「書き」の習熟も要求されます。それを受けて中学校の内容がいっそう高度化され、同時に「英語での授業」と謳われているように「聞く」・「話す」力もより高い目標が設定されることとなります。
 英語のこういった改訂はこれまでお伝えしてきましたとおり既定路線上にあるものですが、18年度つまり来年からの前倒し実施が見込まれるように、いよいよ現実に動き始めるのです。準備をはじめなければならない時期にきているということです。
 そのため学院の本年の目標/予定は、この準備をいち早く実行段階に移すことが中心となります。
(1)年中長児クラスのフォニクスにオリジナル教材も投入し、小学初級クラス教材も「読み」+「覚える」強化プリントを追加してリンクさせ、低学年のうちからよりしっかりした「読み」の力に基づく強固な土台を造り上げていきます。
(2)小学中級以上では、従来の英検3級合格レベルだけでなく、現在の中1並みに「書ける」力も養成する、特に語彙力も中学以降につながる形で計画的に高められるプログラムを導入します。(この(1)と(2)は、リスニンング力とコミュニケーションの感覚作りが十分に高いレベルで達成されていると判断できるが故の新展開です。幼児/低学年から、将来英語が「使える」人になることをめざす従来の目標を勉強中心に変更する訳ではありませんので念のため。)
(3)中学生にも語彙力増強プログラムを本格的に導入します。さらに、昨年から段階的に進めてきた、(庫,猟蠱綸戰▲奪廖Ε轡好謄爐函↓長文読解新教材シリーズの完成で、トップレベルのどこの高校入試にも最短距離で達成できる体制が固まります。
(4)高校段階では、従来の大学入試の長文読解力養成を中心としながらも、英検準1級の合格等も射程に入れた授業も必要に応じて選べるようにします。面接試験で試されるスピーキング力や作文力など、より総合的な英語運用力(これこそが本来の目標なのですが)を通常の受験をめざす授業にも導入して、中教審の謳う英語力を先取りして実現できるようにしていきます。
(5)以上を実施するために、荻窪本校2号館をフルに活用して、きめ細かなクラス編成で多数のクラスや個別指導枠がお選びいただけるようにします。また、中学生の数学指導も強化し、英語・国語・数学の3教科にいつでも対応できる体制をめざします。

 ※4月以降に向けた時間割は2月以降の発表となります。また、個別のご相談は、いつでも受け付けていますので、お気軽にどうぞ。


17:18:00 | natalis | |