01 August

<Natalis News>より  AI時代の我が子の教育  〜 実は、重要なのは . . .

 長年子どもたちと接していますと、継続的に、したがって長い間に大きく変化してきていることに気付きます。今回はそのうちの一つ、知識の減少について考えたいと思います。
 もちろん個人差が非常に大きく、厳密な調査もできませんから、あくまでかかわってきた者の思いとしてお読みいただきたいのですが、いわゆる「ゆとり教育」が見直しされて以降もずっと子どもたちの知識量は漸減傾向にあると感じています。英語のためにもいつも国語力にこだわっていますから、教室内外での子どもたちの言語活動を観察しているのですが、自ら発する言葉も質問に答えて自分の中から探して引き出す時も、語彙が少なく知識が浅く狭い印象を受けることが多くなっています。中学/高校受験の厳しさはそれほど変わっていないのに、同じように立派な成績をあげている子どもたちを比較しながら思い出してみても、10年前、20年前と比べて話の中などで自分で使える知識は明らかに減少しているように思われます。
 その理由として考えられることは多数あります。詰め込み教育への反省から学校教育が長年にわたり知識偏重から転換しようとしてきていること。テレビ・新聞などの主要メディアと接する量の低下と反比例するパッドやスマホなどの検索型情報端末の使用量の増加。知識や語彙を与えてくれる(親を含む)大人との対話の減少。読書の質・量の低下。等々。こういった現象の大本には、この世界や社会をどう見てどう語るか、といった思想や世界観にもつながる思索や議論の欠落という社会的・時代的背景があると思われますが、今はそこまで話を広げないでおきましょう。
 「知識なんて価値はない」と声高に言い放つ人も増えています。「ググる」という言葉が定着した現代にあっては、知識は皆の手のひらの中にあって瞬時にアクセスできるのだから、わざわざ苦労して覚え込んで何になる、というのです。そして、その根拠としてビッグデータとディープラーニングで驚異的に進化を続けるAIが今や家庭にも会社にも、世の中のあらゆる部分に入り込み始め、人間を超える知識=情報を操作する時代になっているのだと言われます。それで、人間が知識を覚える努力をしても太刀打ちできないのだから、もっと別の、人間にしかできないことのためにこそ労力を使うべきだ、と。
 たいへんもっともな話に聞こえますが、では、人間にしかできない、価値の高いこと、とはどんなことでしょう。いろいろと考えてみれば結局、創造性ということ行き着きます。命令されるのではなく自分から新しく何かを生み出すことは機械にはできないはずですし、創造こそが大きな前身や革新をもたらします。しかし、それはどうしたら可能になるのでしょうか。実は、一つだけ確実な前提条件があって、それこそ、知識の豊かさなのです。ひとつ一つの事柄を端末に頼って検索しているような状態で何か画期的な考えが生まれてくることはありません。発想とか思考の展開という現象は、脳内の神経細胞ネットワークの瞬時の連続的な発火によって起こることがわかっています。知識、つまりネットワーク自体の乏しい脳からは豊かな新しい発想は生まれようがないのです。
 AIと共存して生きていかなければならない世代だからこそ、子どもたちには豊かな知識をもってほしいと思います。それは断片の詰め込みではなく、体系化された自在に発信できる知識であるべきでしょう。そのためにまず家庭でできることを考えますと、やはり読書と対話が鍵になりそうです。

 体系化した知識を構築できる読書力=読解力や、その知識を自在に引き出して人に伝えることができる発信力を養う、幼児期からの家庭環境=親の働きかけや読書指導のあり方などを常に考えている英語スクールです。大切なことをもっと話し合いましょう。ご相談だけでもお待ちしています。


02:34:59 | natalis | |

01 July

<Natalis News>より 科学実験を、アート制作をネイティヴ講師と! = 今年もサマースクールと手作り個別夏期講習 =

  昨年たいへんご好評をいただきましたサマースクールを、今年も7月より実施いたします。
 普段のレッスンでは、一つの活動だけをじっくりと時間をかけて行うことは、なかなかできません。サマースクールでこだわりたいのは、遊びのように興味の持てる活動に主体的に参加し、ネイティヴ講師や英語だけの授業といった障壁を超えて夢中になって経験することです。ヴィゴツキーの発達心理学の言う「発達
の最近接領域」(その子がこれから伸びようとしている部分)が獲得されていくのもまさにそのような場においてこそだからです。昨年はいつもとは違う仲間との様々な実験や制作、創作活動を通して、生徒たちが思いがけない一面を見せてくれたりもして、通常のレッスンにもフィードバックできる指導上の発見も多々ありました。ご要望のありました日本人講師による英検準備講座も加えましたので今年もぜひ皆様お誘い合わせの上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。
   
 ※別項のサマースクールの記事をご参照ください。

 ※概略は以下の通りです。   
■期間 : 7月23日(月)〜8月24日(金)
   ※学院の夏休み期間を除く平日の午前〜午後3時頃までの時間
■参加 : 1回単位で選択可能 (会員割引、回数割引あり)
   ※この時点で入会されますと会員割引対象だけでなく、9月会費半額等のお得な特典もあります。
■申込 : 完全予約制で内容により定員5〜8名。最低2名から開講。
   ※第一締切りは7月10日(火)です。


自分のためだけの、個別の夏期講習も予約スタート

 上記とは別に、日程・回数・内容・講師まで完全に手作りの個別指導による夏期講習も年々ご利用が増えています。大学/高校/中学受験の対策や、英検等の準備、留学への英会話トレーニングや、私立一貫校の補修、苦手教科の集中学習など、英語・英会話だけでなく、算数・数学、国語や小論文、さらに理社まで、特別割引価格でご提供できますので、まずはお気軽にご相談ください。(日程は先着順にとなりますので予めご了承ください。)


00:01:00 | natalis | |

01 April

<Natalis News>より 小学生で英検準2級合格へ  さらに《大学入試英語成績提供システム》の英語資格・検定試験への対応強化を

  春らしい陽気のなか新年度を迎えられました。新入園、新入学を果たされた皆さまには心よりお祝い申し上げます。

 本年度の学院の目標は、年初に触れました通り、スピーキングとライティングの力をさらに高めて英語の発信力を強化することです。具体策は、「話す」「書く」の両技能をからめて同時に行なうレッスンを英検5級以上のレベルから導入していく新教材&アクティビティを中心に、幼児クラスから少しずつ改変を加えていくことになります。
 しかし、それは方法の問題ですので、生徒・保護者の皆様には、学習効果として、小学生のうちに従来方式の英検準2級(高校中級程度)に合格できるレベルに到達可能なプログラムにするということをお伝えしておきます。これまでにも毎年少なくとも数名は帰国生でない小学生が合格していましたが、より多くの生徒が可能な道筋として確立していくということです。(ただし、最も伸びる5、6年生時に中学受験に注力される場合は、多少割り引きして考えていただく必要はあります。)
 もう一つお伝えしておきたいのは、中学生以降で、TOEFLやGTECなど英検以外のテストへの対応力も高めていくという点です。
 先頃、独立行政法人大学入試センターの委員会が、現段階での「大学入試英語成績提供システム」への参加要件を満たしている資格・検定試験を公表しました。これは、今年の高校1年生からが利用する、センター試験にかわる「大学入学共通テスト」で英語のテストに代用または併用できる外部の英語試験ということです。その内、中学生からの学習にもなじみやすいものを選んで、希望者には少しずつ対応できるように指導していきます。一部の中高一貫校では、従来からGTEC等を導入していましたので、その対策もこれまで以上にシステム化していこうということです。
 念のために確認しておきますと、上記の外部試験は、高3の4月〜12月までのうち2回までの結果が「成績提供システム」によって大学に通知されるという制度です。早期に合格しておけばそれで終わりということにはなりませんのでご注意下さい。また、国立大学協会は昨年11月に、一般入試の全受験生に民間試験とマークシート式新試験の両方を課すことを決めていますし、東大は、外部試は受けることは必須とするも合否判定には使用しないことを発表しています。ですから、これまでの二次試験で必要とされてきた高度な読解力や要約力といった力は今後も必要であり、そのレベルをめざした勉強を中心に据えるべきことは何も変わらないのです。そこに、スピーキングやライティングの本格的な力まで要求されるようになると考えるべきですから、早くから、少しでも生徒の負担を減らしながら、本物の総合力を養えるように準備していかなければならないのです。

00:01:00 | natalis | |

18 March

祝、慶応義塾大学合格! 大学入試結果

 小学生クラスから始めて、中学高校でも英語と国語の個別指導で学んでくれたTさんが、慶應義塾大学の報告に来てくれました。中高を通じて典型的なサッカー少年で、朝練夕練に土日の試合をこなしながら頑張ってくれました。夏の熱さは特に堪えるスポーツですから疲れ果ててしまった時には開催中のワールドカップの話をしたりして少しブレイクを入れながら進めたことも思い出されます。
 帝京大学薬学部に進むKさんは、高2からの比較的短い期間でしたが、課題であった長文読解にしっかり取り組み、多少専門的な文章もかなり読みこなせるようになりました。合格が決まった後も、入学してからのことを考えて、まったくそれまでと変わらないペースで休まず学習を続けてきてくれているところは本当に尊敬できます。国家資格をめざした6年間の大学生活の成功を確信しています。
 
 今年の大学入試結果は、上記の他に、上智大学、立教大学、東京女子大学、昭和女子大となりました。みんなの努力と頑張りを讃えたいと思います。
 また、大学入学後も続けているTさんは、TOEIC800点を突破した後、今回英検準1級も合格し、これからは実践的な運用力を磨くためにネイティヴ講師との個別指導に変えて、就職活動の「その先」をめざして学び続けてくれています。
 幼児クラスではじめて英語に触れた方も、小学生で続けてくれている方にも、常に彼らのように、受験も含めて中学・高校やそれ以降のことまで視野に入れながら今できる最良の学びを提供していきたいと思っています。
14:00:00 | natalis | |

03 March

新中学生は、英語でロケット・スタートを!

 中学校での新生活への備えは、いかがですか?
 勉強について言えば、その先の高校入試や大学受験、さらには社会に出てからのことまで考えると、やはり英語が中心になりますね。
 英語が抜群にできればまず困ることはないし、どの段階でも選択肢が大きく広がります。逆のことを想像してみれば重要さがよくわかりますね。
 高校入試のある公立の中学生も、私立一貫校の生徒も、学校の英語の進み方は大きく違っても、確実に「英語ができる人」になれる方法がここにあります。
 新中1の皆さんは、学校の授業が本格的に始まる前にどんどん進めて、余裕がもてるようなスタートを切りましょう。そして、そのまま中2終了時点で、高校レベルの文法と難解な長文読解トレーニングに入ることで、どんな学校の生徒でも最大の成果を上げることができます。大学入試でも、2年連続東大現役合格を達成しています。
 開成中や桜蔭中といったトップランクの私立に通う人も、公立でそういった高校をめざす人も在籍して成果をあげているナタリス・メソッドをぜひお試しください。
 今なら、進級・進学キャンペーンで、お得な割引もあります。まずは、無料体験から!
 
 お申し込み、お問い合わせは:荻窪本校 03-3392-7733
22:46:00 | natalis | |